自己破産するとどうなる?破産申告後の生活について徹底解説!

自己破産するとどうなる

「自己破産をすると普通の生活ができなくなるんじゃないか」という先入観を持つ人も多いですが、実際はそうではありません。

 

もちろん、自己破産にはデメリットもいくつかあるんですが、だからといって、

 

●戸籍に自己破産の記録が記載される
●選挙権を失う
などのような、人権を奪われるようなことはありません。

 

また、自己破産をすると周囲にバレるんじゃないかと思う人も多いですが、実際には自己破産が周囲にバレることは、まずあり得ません。

 

この記事では、自己破産(破産宣告)するとどうなるかについて、具体的に解説したいと思います。

 

自己破産するとどうなる?

自己破産すると一定の職業に就けなくなる(一時的なもの)

自己破産すると、一時的ではありますが、一定の職業に就けなくなってしまいます。

 

就けなくなってしまう職業というのは、例えば…

弁護士、司法書士、税理士、行政書士、公認会計士、賃金業者、生命保険募集員

などが挙げられます。

 

これは一例なので、他にもありますが、基本的には士業関係や、金融関係の仕事に就けなくなってしまいます。

 

…といっても、これは破産の手続きを行っている間だけですので、裁判所からの免責許可設定が確定すれば、就業に関するこれらの制限はなくなります。

 

なので、ほとんどの人には影響がないのですが、今すでにこれらの職業に就いている人にとっては、かなり大きなデメリットになってしまいます。

自己破産すると自分の財産を勝手に売却できなくなる(一時的なもの)

上記の就職に関する制限と同じく、一時的なものですが、自分で持っている財産を勝手に売却することができなくなります。

自己破産しても選挙権が無くなることはない

「自己破産すると選挙権がなくなってしまう」というのは、いまだに都市伝説のように残っていますが、実際には自己破産しても選挙権が無くなることはありません。

 

ただ実は、戦前の日本では、自己破産すると選挙権を失っていたんですね。

 

現在ではそんなことはありませんが、その時代のなごりが、今も都市伝説として残っているようです。

 

現在では自己破産をしても選挙権は普通にありますし、それどころか被選挙権もありますので、候補者として立候補することもできます。

自己破産をするとクレジットカードの発行などが難しくなる

自己破産すると、信用情報機関というところに自己破産をした記録が記載されてしまいます。

 

クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際に、審査で必ずこの信用情報機関のデータベースと照合されるため、審査に通りにくくなります。

 

ただし、信用情報機関の記録は5〜7年で抹消されるので、それ移行は普通にクレジットカードの発行やローンの利用などができるようになります。

自己破産してから7年の間は再び自己破産できない

自己破産をすると、その後7年間は再び自己破産ができなくなります。

 

…といっても、再び借金を抱えることがないように自己破産をするので、2回目の自己破産が必要な状況自体を作らないようにしたいものですね。

 

ただ、もし再び借金を抱えてしまった場合、7年間は自己破産はできませんが、他の債務整理方法(任意整理や個人再生など)は可能ですので、他の方法を使うというのも選択肢としてはあります。

自己破産をしても会社をクビになることはない

自己破産すると、会社に伝わってクビになってしまうのではないかと心配する人も多いですが、実際には自己破産をした本人が直接会社に言わない限り、会社にバレることはありません。

 

なので、自己破産したあとも堂々としていて大丈夫です。

 

ちなみに、周囲の人に対しても同じで、周囲にバレることは基本的にはあり得ないですね。

 

ただし、「家族にバレずに自己破産したい」というのは簡単ではありません。

 

自己破産すると財産を処分されてしまうので、例えば持ち家や土地などがあった場合には、それらが処分されてしまいますよね。
そうなると、どうしても家族には分かってしまいます。

 

ただ、弁護士によっては柔軟に対応できるところもあり、可能な限り対処してくれる場合もあります。

 

以上、自己破産(破産申告)後の生活について具体的に解説しました。

 

ただ、そもそもの話ですが、自己破産を検討している人の大半は、自己破産以外の方法で借金問題を解決できる多かったりします。

 

そのほうが、デメリットも少ないです。

 

無料シミュレーターを使うと、ベストな解決方法や、減額の見込み額などが分かるので、まずはそちらを利用してみることをオススメします。

 

▼無料・匿名で利用できます▼