任意整理 官報

任意整理だと官報には名前が載らない

任意整理 官報

任意整理をしても、官報に名前が載ることはありません。

 

債務整理にも様々な種類がありますが、官報に名前が載らないのは任意整理と過払い金請求だけです。

 

任意整理は、利息制限法の金利で計算しなおして、その差額分を返金してもらうというようなやり方になるのですが、その方法だと社会的なダメージが少ないです。

 

官報という国の機関紙があって、普通は債務整理をした人っていうのはそこに名前が載ったりしますが、任意整理の場合だとそこには名前が載りません。

 

なぜ任意整理だと官報に載らないのか?

任意整理はあくまで、債務者と金融機関との示談みたいな形なので、国はなにも関与していないという立場に立つからです。

 

ただ一つだけ注意点としては、消費者金融の情報にはブラックリスト入りしてしまいます。
なので、それから7年くらいの間はお金を借りるということができなくなります。

 

ちなみに、ローンも組めなくなりますね。

 

まあ、基本的には債務整理をした後は、二度と借金に携わりたくないので、こういったことはデメリットとは思えないという人も多いです。

 

 

>>自己破産デメリット TOP