任意整理 自分で

任意整理を自分でやるのはデメリットが大きい?

任意整理 自分で

債務整理の一つである任意整理は、自分でやろうと思えば、自分の力だけでもできます。

 

ただし、これは任意整理に限った話です。

 

他の方法、例えば自己破産などは、裁判所とのやり取りや書類の作成などがあるので、弁護士とか司法書士のちからを借りないと無理です。

 

でも任意整理に関しては、払い過ぎた利息を回収するという感じになるので、それはあくまでも金融業者とかとの交渉になってくるわけです。

 

ようは、示談交渉みたいなものですね。

 

なので、ネットとかで調べたら自分で払い過ぎた利息を交渉するような方法も載っていたりはします。

 

ただ、自分でやる場合のリスクというかデメリットは、場数を踏んでいるわけではないので、どれくらい押してもいいのかとか、そのへんの駆け引きが全然できないところですね。

 

その点、弁護士であればそのへんの場数はかなり踏んでいますし、その弁護士事務所ごとにマニュアル的なものもあるでしょうから、そういった任意整理における失敗とか、交渉の決裂というものは特にないかと思いますし、金融業者もちゃんと対応します。

 

 

>>自己破産デメリット TOP