過払い金 仕組み

過払い金が戻ってくる仕組み

過払い金 仕組み

過払い金というのは、本来の法律で決まっている上限を超えた利息で、サラ金などがお金を貸してしまうために生じてしまう、「本来は払わなくても良かった利息」のことを言います。

 

これを、債務整理などの時には、弁護士や法律事務所が債務者の代わりに金融業者に交渉することで、取り戻すことができます。

 

ちなみに、どういう仕組みなのかを詳しく説明すると、本来は「利息制限法」という法律に従って利息を決めなければいけません。

 

しかし、サラ金などではこの「利息制限法」というものは完全に無視して、「出資法」という別の法律で決まっている利息上限額に従います。

 

そして、この「出資法」のほうが、上限が高いんですね。だから、その2つの法律で決められた利息分の差額を取り戻せるんです。

 

ちなみに、もしサラ金が「出資法」という法律すらも無視して、法外な利息をつけてお金を貸している場合には、刑事事件に問われます。しかし、サラ金もそのへんはよく理解しているので、出資法の上限額は守るわけです。この場合は刑事事件には問われないんですね。

 

その過払い金は、人によっても戻ってくる金額も違うので、一度、シミュレーターなどで、どれくらい過払い金がもどってくるのか、あるいは、どれくらい借金が減額できるのかを確認してみることをオススメします。

 

>>自己破産デメリット TOP