債務整理 種類

債務整理の種類って?メリットやデメリットは違うの?

債務整理 種類

債務整理の種類にはいろいろなものがあります。

 

債務整理の種類ごとに、行える条件も違ってきますし、メリットやデメリットもあるので、普通はいろいろと弁護士さんなどと相談しながら一番いい形に落ち着くのが主流だと思います。

 

ただ、どの債務整理の仕方にも共通するのは、債務整理をするとキャッシングができなくなってしまうということです。

 

金融業者はみんなでブラックリストを共有したりしています。

 

そのリストに載ってしまうということですね。

 

まあそれも7年ほどで一度更新されてしまうので、それをすぎれば借りたりすることはできるんですが、それまではキャッシングはできないと思ったほうがいいです。

 

また、クレジットカードも結構作りにくくなってしまうという話も聞いたことがあります。

 

なのでできることなら債務整理をせずに行きたいものですが、だからといって、債務整理に寄る返済の負担のヘリ具合はハンパないものがあるので、そう考えるとキャッシングできなくても楽になるのであれば、債務整理もありですね。

 

>>自己破産デメリット TOP