国際相続

国際相続はいろいろと面倒?

国際相続

国際相続というのは、いろいろなパターンが有りますが、やはり国をまたいでの相続になるので、かなりややこしくなるみたいなんですね。

 

個人で解決しようとすると、税金の二重払いなどを割けられなかったりもするので、ここは法律のプロに任せておいたほうがいいかと思います。

 

例えばよくあるのは、海外に不動産を持っている場合ですね。

 

被相続人が日本の国籍を持っているのにも関わらず、アメリカなどの海外に不動産を持っている場合には、日本では日本の法律に基づいて相続税を支払わないといけなくて、かつアメリカでは不動産関係の法律に基づいて遺産税を支払わないといけず、結局国際的な二重払いをしないといけないという状態にもなったりします。

 

そうならないように、国際相続の対策などを予めしておくことが大事ですし、もし既に絡まってしまっている場合にも個人の力で解決しようとするのではなくて、海外経験なども豊富で国際対応できるような法律家に任せるのが一番いい方法ですね。

 

 

 

 

※参考:自己破産