過払い金

過払い金とは?過払い金を請求できるのはなぜ?

過払い金

過払い金という言葉を最近良く耳にしますよね。

 

この過払い金というのは、借金をしている人が、金融業者に対して、返しすぎたお金のことをいいます。

 

返しすぎるなんていうことがどうして起こるのかというと、本来は「利息制限法」という法律にしたがって、利息の上限が決められているのですが、サラ金などでは、法律で決められている以上の利息でお金を貸していることもあります。

 

そして、債務者はその法律を知らないまま、サラ金に言われることを鵜呑みにして利息を払ってしまうわけです。

 

なので、債務整理をするときに、弁護士や法律事務所が債務者の代わりに、金融会社に対して交渉をしたりします。
その交渉の結果、本来は払うべきではなかった利息分が返ってくるんです。

 

人によっては、その過払い金で借金の残額が全て相殺されてしまう人もいますし、それでも更に過払い金の額が大きくて、お金が手元に残る場合もあります。

 

もともとは払わなくていいものを返してもらっただけなのですが、借金で苦しんでいた人にとって、借金が全てなくなって、しかもお金が返ってくるというのは、精神的にも金銭的にも非常に大きいことです。

 

ちなみに、どれくらい過払い金が戻ってくるのか、あるいは、どれくらい借金を減らせるのかは、無料シミュレーターなどで確認することができます。

 

無料シミュレーターに関しては、以下に詳細をまとめているので参考にしてみてください。

 

>>自己破産デメリット TOP