任意整理 デメリット

任意整理のデメリットを詳しく解説!

任意整理 デメリット

任意整理のデメリットについて、詳しく解説したいと思います。

 

基本的に、任意整理にはメリットのほうが多いので、任意整理を出来る状態にある人は任意整理をしたほうが実際に借金が減るので、精神的にも金銭的にも負担が減ることは間違いありません。

 

ただ、1つだけデメリットがあるとすれば、金融業者の情報機関のブラックリストに入ってしまうので、任意整理後の7年の間はクレジットカードやキャッシュカードを使えなくなります。

 

ただ、自己破産のように官報に載ったり、裁判所に出向いたりというのはないので、ある意味ではこっそりと、なおかつ、しっかりと借金を整理出来ます。

 

あとは、デメリットではないのですが「おすすめできない人」はいます。それは、「借金を一銭も返したくない」と思っている人です。

 

任意整理はあくまでも、払いすぎているものをもとに戻すということなので、借金の元金に関しては分割などで返済をしていきます。

 

なので、借金を一円も返したくない、あるいは返せないという人は、個人再生とか自己破産といった、もう一段階進んだ方法を取っていくことになります。

 

任意整理、個人再生、自己破産の見極めは素人では難しいので、借金減額のシミュレーターなどを使って一度減額の度合いを調べてみてから、その後に相談などをするのがいいかと思います。

 

 

>>自己破産デメリット TOP