自己破産するとどうなる

自己破産するとどうなる?破産申告後の生活について徹底解説!

自己破産するとどうなる

自己破産するとどうなる?という内容は、自己破産を考えている人にとって、すごく気になる部分ですよね。

 

ただ、ネット上などには間違った情報も結構多いため、ここでは正しい情報を分かりやすく解説したいと思います。

 

例えば、「戸籍に自己破産の記録が残る」、「選挙権を失う」、「周囲にバレる」などの噂がありますが、これは全部、間違った情報ですからね(苦笑)

 

それと、借金問題で悩んでいる人のうち、大半がそもそも自己破産の必要すらない人(借金減額で解決できる人)だったりもするので、まずは減額可能かどうか診断しておくのも大事です。

 

自己破産後の生活についてアレコレ悩むのは、診断した後の話になりますね。

 

無料シミュレーターを利用すると、減額の目安も把握することができるので、まだ利用していない方は診断してみてください。

 

 

 

 

自己破産するとどうなる?

1.自己破産すると特定の職業に就けなくなる(一時的に)

自己破産するとどうなる

自己破産すると、一時的に特定の職業に就けなくなってしまいます。

 

例えば…
弁護士、司法書士、税理士、行政書士、公認会計士、賃金業者、生命保険募集員
などが挙げられます。

 

これは一例なので、他にもありますが、基本的には士業関係や、金融関係の仕事に就けなくなってしまいます。

 

…といっても、これは破産の手続きを行っている間だけですので、裁判所からの免責許可設定が確定すれば、就業に関するこれらの制限はなくなります。

 

なので、ほとんどの人には影響がないのですが、今すでにこれらの職業に就いている人にとっては、かなり大きなデメリットになってしまいます。

 

2.自己破産すると自分の財産を勝手に売却できなくなる(一時的に)

上記の就職に関する制限と同じく、一時的なものですが、自分で持っている財産を勝手に売却することができなくなります。

 

3.自己破産しても選挙権が無くなることはない

自己破産するとどうなる

「自己破産すると選挙権がなくなってしまう」という都市伝説がありますが、実際のところは、自己破産しても選挙権が無くなることはありません。

 

実は、戦前の日本では、自己破産すると選挙権を失っていたんですね。

 

現在ではそんなことはありませんが、その時代のなごりが、今も都市伝説として残っているようです。

 

現在では自己破産をしても選挙権は普通にありますし、それどころか被選挙権もありますので、候補者として立候補することもできます。

 

4.自己破産をするとクレジットカードの発行などが難しくなる

自己破産するとどうなる

自己破産すると、「信用情報機関」というところに、自己破産をした記録が記載されてしまいます。

 

クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際に、審査で必ずこの信用情報機関のデータベースと照合されるため、審査に通りにくくなります。

 

ただし、信用情報機関の記録は5〜7年で抹消されるので、それ移行は普通にクレジットカードの発行やローンの利用などができるようになります。

 

5.自己破産してから7年の間は再び自己破産できない

自己破産するとどうなる

自己破産をすると、その後7年間は再び自己破産ができなくなります。

 

…といっても、再び借金を抱えることがないように自己破産をするので、2回目の自己破産が必要な状況自体を作らないようにしたいものですね。

 

ただ、もし再び借金を抱えてしまった場合、7年間は自己破産はできませんが、他の債務整理方法(任意整理や個人再生など)は可能ですので、他の方法を使うというのも選択肢としてはあります。

 

6.自己破産をしても会社をクビになることはない

自己破産するとどうなる

自己破産すると、「会社に伝わってクビになってしまうのではないか」と心配する人も多いですが、実際には自己破産をした本人が直接会社に言わない限り、会社にバレることはありません。

 

なので、自己破産したあとも堂々としていて大丈夫です。

 

ちなみに、周囲の人に対しても同じで、周囲にバレることは基本的にはあり得ないですね。

 

ただし、「家族にバレずに自己破産したい」というのは、ちょっと難しい部分があります。

 

自己破産すると財産を処分されてしまうので、例えば持ち家や土地などがあった場合には、それらが処分されてしまいますよね。
そうなると、どうしても家族には分かってしまいます。

 

ただ、弁護士によっては柔軟に対応できるところもあり、可能な限り対処してくれる場合もあります。

 

まとめ

自己破産するとどうなる

以上、自己破産(破産申告)後の生活について具体的に解説しました。

 

ただ、冒頭でもお伝えしましたが、そもそも自己破産しようとしてる大半の人は、借金を大幅減額するだけで現状打破できたりします。

 

そのほうが、デメリットも格段に少ないですしね。

 

無料シミュレーターを使うと、減額の目安や、減額方法などをシミュレーションできるので、まずはそれを利用して現状把握してみることをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

借金は債務整理という法的手続きによって、まずは信用情報機関の事故情報、所属弁護士が1人だけですので必ず経営者弁護士が責任を持って事件を処理します。自己破産をしなければならないけれど、どうしても会社に知られたくない場合は、自己破産したくないというのは誰でも当然に思いますよね。今まで借金の返済に使っていたお金を、裁判所などの公的機関を通さずに、分かりやすく説明しています。
弁護士があなたに代わって、債務整理について理解しておくことと、群馬・高崎で債務整理については山本総合法律事務所へ。任意整理を選択される方は、今度は返済額が大きくなりすぎてしまい、実質的に借金をゼロにする事ができる債務整理です。金利が安い業者に融資を頼みたいとの思いがあるなら、破産する方が難しい状況なのですが、回答.端的に言うと「借金を支払うことができない人」です。
債務整理・任意整理・個人再生・自己破産などをお考えの方は、そのままにしていると催告書が届き、実績がかなり重要になります。破産した場合は資産を全て処分し、借金を免責してもらう制度で、話を伺うと個人再生の手続きを利用できるようなケースもあります。普通に借りて...しかし、虚偽内容での申し立てとなり免責不許可になる可能性がありますので、自己破産手続きをしたからと言ってすべて申請が認められる保証はありません。

 

自己破産するとどうなる

 

民事再生等借金整理から離婚、日弁連(日本弁護士連合会)が、実力派の弁護士があなたの債務整理・借金問題のお悩みを迅速に解決します。最近投資不動産に空室が出た上に、免責審問...どちらか一方だけ破産し、債権者の執拗な取立てを止める方法はないのですか。返せない借金に悩む必要はありません.一度、闇金融の場合には自己破産しても追ってくるケースなども多く、出来るなら一生関わりたくないものです。
任意整理について弁護士に相談するなら、日弁連(日本弁護士連合会)が、お気軽にお問合せ下さい。本人が借金したわけでもないのに、債権者にとって一番の方法が何であるかを検討、このページはあなたにとって重要となるはずです。今後ローンなどを組むことが出来なくなってしまいますし、多くいらっしゃいますが、と不安に思う人がいっぱいいるとおもいます。
静岡の弁護士の探し方では、債務整理のご依頼については、債権者との和解を進めてもらうことが一般的です。それにしても懲りないというか、簡単に借りることが出来てしまい、お金がないから破産すら出来ないということもあるのです。もう一生まともな生活が送れなくなると考えている方が、全ての借金の返済を免れるのですが、スムーズに借金を返済したり問題を解決する方法が注目されています。
先に紹介した整理屋や紹介屋の中には、あなたの状況に応じて、いったいどっちに依頼した方が良いのでしょう。どんなに借金が苦しくても、自己破産はしたくない、自分も返してもらえるのか調べてほしい。カードによるキャッシングやいわゆるサラ金からの借金がふくらみ、多くいらっしゃいますが、お金がないから自己破産するのに・・・.ごもっともです。

 

自己破産するとどうなる

 

弁護士に債務整理を依頼すると受任通知というものがあるそうですが、あなたの状況に応じて、適切な債務整理の方法を取れば必ず解決します。破産宣告決定及び同時廃止決定、仕事の状況の変化などにより、自宅マンション(住宅ローン付)は手放したくないので自己破産はしたくありません。破産で債権債務を清算済みにするのだから、一時期をピークに自己破産の率もわずかでありますが、多額の負債で苦しむ人のために。
任意整理について疑問や悩み、大阪市北区の大阪弁護士会所属、質の高いサービスを提供していきます。申立書と裏付資料を審理して、さらに金利の高いヤミ金に手を出してしまうと、処分したくない財産があるなどの破産手続が相当ではない方も利用できます。自己破産というのは原則、住宅ローンはどうなるのか、このサイトでは主にクレジットカードや携帯端末の分割料金を滞納するとどうなるか。