自己破産したくない

自己破産したくないけど借金は解決したい!そんな時はどうすべき?

自己破産したくない

「自己破産したくないけど借金は解決したい」という人も多いと思います。

 

そのような場合でも、解決する方法はあります。

 

この記事では、「自己破産したくない」という場合の借金問題の解解決方法について、分かりやすく解説したいと思います。

 

自己破産しなくても借金問題の解決は可能!

自己破産せずに借金問題を解決するのは、可能です。

 

その場合、具体的には「自己破産以外の債務整理」を行うのが、一番現実的な方法になります。

 

自己破産は何かとデメリットが多いですが、それ以外の債務整理になると、デメリットが少なくて済みますからね。

 

ただし、自己破産以外の債務整理になると、「借金を大幅に減額した上で分割返済」ということも可能になるのですが、借金が帳消しになるわけではありません。

 

なので、返済のための資金を確保できるというが、前提条件になります。

 

…とは言っても、例えば個人再生という方法を行った場合、借金が最大で10分の1まで減額されるので、負担はかなりラクになります。

 

では、「どんな債務整理方法がベストなのか」という話ですが、これは借金額や、ご自身の現状によって全く変わってくるので、一概に「これ!」と言うことはできません。

 

正直、素人での判断は難しいです。

 

なので、法律の専門家に判断してもらうのが無難です。

 

近くの法律事務所などに相談に行くのも良いですが、ネットの無料シミュレーターのほうが簡単に診断できます。

 

匿名でも利用できるので、自分にベストな債務整理方法や、借金減額の見込み額など、シミュレーションしてみてください。

 

 

 

どうしても自己破産しないといけない場合は?

上記のシミュレーターを使うと分かりますが、基本的には、自己破産しなくても、別の方法で解決できる人が多いと思います。

 

ただ、中にはシミュレーションした結果、「どうしても自己破産しないといけない」という人もいます。

 

一般的な自己破産の目安としては、以下のような基準が判断材料になります。

  • 借金額が手取り給料(月額)の20倍を超えている場合
  • 借金を3年程度で分割返済できない場合

こういった場合は、自己破産を選択せざるを得ないことも多いです。

 

その場合は、「自己破産が最善の策」とアドバイスを受けるかと思います。

 

もし、自己破産したくない理由が「世間体があるから…」というような気持ちの面だけでしたら、自己破産したほうが良いです。

 

ただし、以下のような場合は、食い下がって他の選択肢で頑張るというのも、私としてはアリだと思います。

 

  • マイホームを手放したくない
  • 自己破産してはいけない職業についている(=自己破産したら辞めないといけない)
  • 連帯保証人に迷惑を掛けたくない

 

ただ、本当に自己破産じゃないとダメなのかは、素人判断では難しいので、やはり専門家に判断してもらうのが無難です。

 

近くの法律事務所で相談するか、先ほどご紹介したネット上の無料シミュレーターを利用してみてください。